merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

社会

(政治・日記)分岐点

財政出動しても景気がよくならない根本的な理由 土居丈郎氏 https://toyokeizai.net/articles/-/462085?display=b 日本人は国際的に低い給料の本質をわかってない 野口悠紀雄氏 https://toyokeizai.net/articles/-/458676?display=b 「このままでは国家財政破…

(政治)カタストロフィかディストピアか

岸田首相が金融所得課税に対して消極的な態度をした件である。 恩師があるサジェスチョンをした。株価を下げれないのは日銀が限界だからではないか?と。 一般的に、株価というのは経済の一つの要素でしかない。特に有価証券市場がバーチャル化した現代、実…

(社会・日記)続・お前らは俺をキレさせた

数ヶ月前通っていた美容院の担当の美容師が突然解雇された話を以前しました。 僕がその美容師さんと付き合う寸前までいって、そのタイミングで美容師さんが突然解雇されたこと。 その美容師さんと音信不通になってしまったこと。 新しく通っている美容院で、…

(社会)中学受験組が稼げる理由

専門職ていうーのは、起業したり、パテントとったり、役員にならないと二千万を超えることは難しい。それは別に日本だけの話ではない。北米もそう。 でも、中には、二千万前後稼げる奴もいる。何が違いがあるかと言えば、倫理規定とか無視できたり、脱法行為…

(政治)総裁選訂正

時事通信のデータに依ると、無党派は河野太郎支持らしいです。政治に関わらない、権益がないから無党派なので、政治的に無知なんでしょう。 つまり、河野太郎が総裁になった場合、次の衆院選で自民党は大勝する可能性があるということです。 その後、河野政…

(社会・非モテ)眞子氏と圭氏の結婚に罵詈雑言浴びせる連中に告ぐ

俺はさ、小室圭氏というのはいい男だと思うんだよね。 親父が早く死んで、実家にはあんまり金がなくて、母親の元婚約者は母親にフラてたからてめちゃくちゃ言うモラハラパワハラ野郎で、進路について相談に乗れる先輩が少ない中で、法曹への道を選んで、苦学…

(社会)親ガチャ、銀の匙を咥えて産まれる、生まれの違い

親ガチャの存在を否定している読者がいたので、ばっさりいきます。 親ガチャは最強だよ。 いつの時代も程度の差こそあれ、親ガチャが全てを決める。 親ガチャに類する諺はいくつもある。それらは親ガチャが時代を問わず普遍的にあることを示している。 平安…

(社会・擬人化)立民くんの恋愛の本気度

立民くんは今カノの共さんを差し置いて、前の嫁さんの国民さんとデートする予定でした。 国民さんも財界パパから「支援」してもらった金を立民くんに貢いだりして、立民くんも結構ほだされていました。 ところが、立民くんのライバルの自民くんが急にマジメ…

(社会)悲モテへの道

昨日、仮免が通りました。技能試験の時の教官が十中八九インセルだったので、どうしてそのように思われしまう行動をとってしまうのか?分析し、非モテの諸氏にどうしたら女性や非・非モテから人間として扱われるようになるか解説します。 ⭐︎さわり その教官…

(社会)画面の向こう側の誰かより、お前らの隣にいる奴を信じろよ

俺はさ、中高一貫の進学校にいたんだよね。 東大数十名受かりました〜とかさ、医学部合格何十名です〜てとこ。 同級生はさ、富裕層になってブイブイ言わすぜ、金なくて、偏差値低い奴は人間じゃない、俺たちエリートは絶対に正しくて、好き勝手していいて態…

(社会・擬人化)立民くんの不貞事件簿

一昨日、恩師と雑談していたら、僕がふざけて言った喩えが分かりやすいので、それをブログに書いてと頼まれました。 何故、立民があんまり信用されないのか?という話題でした。 立民の性格を物語る擬人化物語を始めます。 立民くんは国民ちゃんと結婚してい…

(社会)新興富裕層が生活困窮者をどのように捉えているか?

DaiGo氏が自身のYouTubeチャンネルにて、生活保護受給者やホームレスの人々に対して行なった差別的見解及び主張について、社会的批判が巻き起こった。たかだか1人のタレントに対してである。これは日本の社会が社会的弱者に対しての非人道的発言や行いを是認…

(社会)二つの近代社会と私人間での争いにおける法の評価

メロンダウトさんの記事は無視できない着目点があり、そんじょそこらのネット民とは訳が違います。 今回、彼の考えの助けになりそうな着目点がありますので、書いてみることにしました。 西洋近代とは一つしかないように誤解されていますが、実は二つありま…

(社会)日本の対コロナ禍政策の推移

2019年12月 中国で新型コロナウイルスの感染者が初めて確認される。 2020年1月 ヨーロッパのみならず、アメリカに拡大する。 台湾は徹底した水際防止策を採用。韓国はコロナ流行に備え、社会インフラを整える。安倍政権は特別な政策をせず、休校にしたのみ。…

(社会)件の五輪アーティストの「問題」評価と逮捕33回を達成する方法

音楽好きの人だけでなく、日本人全般に言えることですが、何かの出来事が起きた場合、何がどのような局面で問題にされるべきなのか、分析というか分解することが苦手な人が多く、好き嫌いとか雰囲気とか感覚的に判断されてしまうでしょう。 しかしながら、日…

(社会)自治会と近代化とコミュニタリアズム

ある状況において、上手く働くように思えるものが、違う状況において、全く違う意図で働くということは普遍的に見られる。 サンデルを始めとしたコミュニタリアズムはその最たるものだろう。西欧近代を継受し、ポストモダンを探るような地域においては市民利…

(政治)日韓関係の予測

1 日本人の最近の差別主義及びその表現行為の経緯 日本人は根底に朝鮮民族に対して優越感を持つ。それは現代に始まったことではない。また、朝鮮併合に対する加害意識は非常に少なかった。それは朝鮮を近代化させたというような一方的な主張以上に、そもそも…

(政治)都議選の総括と国政選挙への影響

まず余談から。 大使館関係者や弁護士さんたちが「はやくブログ更新しないの?」と言ってくれて、非常に有難いです。しかし、その文言には隠されたもう一つの意味があります。 「いやーカワグチくんのプライベートに興味ないんだよねー」 はぁー? 気持ちは…

(社会・法律)小山田圭吾氏の時効成立の長期に渡る多重暴行の評価

余談 google analytics によれば、僕のブログの読者のほとんどは僕のプライベート的日記より遥かに時事ネタに興味があるようなので、これからは記事の題名に()内で説明するようにする。 時事ネタは10分も読んでくれてるのに、プライベートの日記は秒ですよ…

モデルナ及びファイザーでのコロナ発症

正確にはコロナウイルスではない。コロナどころかウイルスと言えるかどうかもわからないらしい。 半年以上前の話である。恩師がアメリカ軍のワクチンを受けに行った際、そこのざっくばらんな軍医曰く、mRNAメッセンジャーワクチンといえどコロナウイルスはエ…

お前らは俺をキレさせた

僕には懇意にしていた美容師がいた。お互いに意気投合して、個人的にやりとりして、デートの約束して、デートプランを次に美容院に行く時に決めようと話していた。 先週の土曜日の昼間、彼女から「予約、お願いします」とLINEがあったので、即座にZ美容院に…

杉並は世田谷と同じではない

杉並と世田谷は住人の階層性から統計データで一括りにされることがあるらしい。しかし、杉並と世田谷ではインフラに唯一のしかし決定的な違いがあり、それを理由に杉並は世田谷より武蔵野市だとすることができる。 世田谷には夜の街としての繁華街があり、渋…

第一次令和の乱・前哨戦 令和三年コロナ禍における都議選挙の戦い

僕の行きつけの美容師が解雇された。大手の美容院だったため、コロナ禍の影響は比較的少ないように思っていたし、前回の蔓延防止ではむしろ人手不足だったように見えたから、安心しきっていた。実際、今回の蔓延防止期間でも客の入りは悪くないらしい。 これ…

地球温暖化は不可避だが、人類には幸運が待っている可能性がある。

ネイチャーで聞いた話である。 NASAが探査衛星の試験で、地球のメタンガス濃度を測ったところ、あり得ない数字が出たらしい。その時は探査衛星の故障とされたが、故障箇所は見つからなかった。 つまり、もはや地球温暖化は不可避であり、時間を遅らせること…

G7一律法人税15%以上提案

G7において、財務省、中央銀行総裁の会合に先駆け、OECD加盟国の一律法人税15%以上が提案された。 名目的には、タックスヘイブンを解消し、世界的企業に対し税を課すという目的である。もちろん、それも主題であるが、実は隠された、具体的なターゲットが存…

日本において、怒りを我慢せよ、という主張は反近代であり、正当性がない

さっき、さらーとはてなブログを眺めていたのだが、どうも「アンガーコントロール」というのが流行りらしい。 欧米において、階層性が高い人ほど、他者に対してセルフリスペクトを貶める発言ないし主張は御法度である。最低でも表面的には、他者に対して尊厳…

東京五輪と新型コロナと整理解雇と中選挙区制

この前の都知事会見で、小池百合子は東京五輪中止を一切言及しなかった。即ち、東京五輪は行われる。 現在、インド日本間では直行便が飛んでいる。というより、経済的に採算が合う路線は全て直通している。事実上、全く規制がない。 日本の入国に際しては、…

「自己肯定感」という言葉が誤解されていること

なんでも巷には自己肯定感という言葉が流行りで、何でもかんでもそれに結びつけているようだが、自信なさげな態度や低姿勢な態度について言及している場合が多い。これは誤謬である。 周囲に悪影響を与えるような人は自我の評価が一致していない。外見的に自…

家族という究極の中間団体

日本人が中間団体の制約から逃れるのは難しい。それらは経済的な利得があり、生活を保障している部分が大きいからだ。 しかし中間団体の規範は精神的な自由を奪う。団体の自治の主導権を誰が握っているかで構成員の精神的負担や精神的な充足が決まってしまう…

東京五輪を開催または中止の社会経済状況の比較検討

A 現在の状況及び前提 ①東京五輪は当初の予定の数倍の費用をかけた。 ②IOCの再三の懸念表明にも関わらず、東京都及びJOCは規模を拡大し、コロナ禍での開催を予定している。故に中止にした場合、東京都及びJOCは違約金を支払う法的な責務がある。 ③延期案は4…