merlinrivermouth’s diary

https://twitter.com/@nnmwj

(社会・経済・詩)灯蛾

灯蛾

いつか見た光をもとめ、
灯火に集い、
やがてそれを日の光と誤り、
自身を蝶だと錯覚し、
休みなく夢に舞い、
灯火が消えた時、
蛾は疲れ果て、
地面に落ちる。

 

バブルを忘れられない人々は借金させてまで、借金してまで、バブルをやり直したかった。
だが、それは実体を伴わない夢、幻。
しかし、人々はやがてそれが現実だと勘違いし、借金中毒になって遊び回った。
やがて、経済が正常化する時、彼らは自身の負債に押し潰され、経済的に破滅する。
現実から醒めれば、アベノミクスは太陽の火ではなく、夜に光る灯火だった。

そこに舞っていた人々は蝶ではなく、蛾だった。

(社会・恋愛・婚活)アベノミクスバブルの恋愛模様

これから述べる話は私の体験談と経済状況を踏まえて、総合した、私なりの総括です。

非常に陰鬱とした状況ですが、私は単に分析しただけであり、私自身がサイコパスであるわけではありません。

 

アベノミクスバブル下の「世間」

「世間」にはSNS上で、自身のセンス、美しさ、富、能力を顕示する人がいます。SNSに慣れ親しんだ人ほど、彼らに憧れを抱いています。

「世間」は権威主義と相性が良いため、SNSで映えている人の方が世間側になります。

その状況は、世間に適合的な人ほど、SNSに慣れ親しんでいる人ほど、社会がヒエラルキーカーストのように感じます。特に若い世代ほどそうで、彼らの学生時代の体験談はスクールカーストはある種の秩序として存在していることを物語っています。

日本のSNSは匿名が前提で、「世間」的です。必然的にネットいじめが随伴し、特に若い世代は現実の社会生活とネットいじめは接合しています。というのも、彼らに起こり得るネットいじめは彼らをよく知り得る存在が起因となることが多いからです。

カースト」が高い(ように思われる)人ほど、傲岸不遜で、マウントを好むのは、特に若い世代ほど、この「カースト」観がある種絶対的秩序になっているからです。

これらのカーストのような状況はある種の社会では続きます。特に都心のホワイトカラーや恋愛・婚活市場です。

これらのカーストが存在する世間に組み込まれれば、途端に自身の尊厳を失い、自信を喪失します。友人などは基本的に信用できないため、「自分の機嫌は自分でとる」しかありません。

結果、この「世間」に組み込まれざるを得ない人は、依存心が強く、しかし警戒心も強く、不安感が強い心理状況が生まれます。

 

しかしながら、これらの映えの原資は新興富裕層の借入と、その借入を愛人業などで受け取ったもので構成されており、客観的にはそれほど誇らしいものでもなかったりします。

 

恋愛市場の登場

マッチングアプリや婚活の拡大によって、恋愛・婚活は市場化されました。

そこにおいては、人は没個性的で、スペック化され、ランク化、ヒエラルキー化されます。商品ですから。

没個性ですから、その人自身の内面はほとんど評価対象にならず、外見差別、年齢差別、学歴差別、職業差別、年収差別は極限化し、わかりにくいものは拒絶されます。何故なら、恋愛や婚活は一人しか選べないため、差別が前提になるからです。

とはいえ、これらのスペックは具体的な基準で決まっているのではありません。単に先入観や印象で決まっており、社会・経済学的な分析によるものではありません。従って、社会的なものではなく、世間的なもので、機械的に分類されず、恣意的なものです。

従って、恋愛市場の参加者は恒常的な不安感に晒されることになります。

これらの不安感はアベノミクス下の「世間」の特徴であるカースト的で、いじめが前提のものと合わさり、増大化します。

これは「カースト」上位者でも自由ではありません。そもそも恋愛や結婚ほど人間の個性が問われることはありません。「世間」的スペックが高くとも、それだけでは満足のいく結果は得られません。

 

恋人によるモラハラ

恋愛・婚活市場は人を商品化しているため、「カースト」が高い側はより良い恋人に乗り換えることも可能です。

アベノミクス下の世間は依存心、警戒心、不安感が前提となっているため、パートナーがカーストが高い(ように思える)人はパートナーに必死になり、ますます依存心、警戒心、不安感を高めます。逆にパートナーがカーストが低い(ように思える)人はその状況を利用し、パートナーを利用するようになります。

これらの対処法として、キープやセフレや推しを作るわけですが、推しを除いて、それは恋人への非違行為であり、モラハラを強めることになります。

しかもこの問題は、カーストが高い(ように思える)側も依存心、警戒心、不安感が強い前提があることです。彼らも恋愛・婚活市場に参入している以上、アベノミクス下の「世間」から自由ではありません。

 

自己肯定感という概念の罪

アベノミクス下の「世間」存在、特に恋愛・婚活市場の参加者は極めて自信がありません。自身の尊厳を切り売りしているからです。

自己肯定感という言葉が流行している流行はここにあります。

より見栄を張り、よりカッコつけ、よりあざとく振る舞い、よりモテて、チヤホヤされて、自己肯定感を上げるように、商業マーケットは誘導します。

おそらく、真に自己肯定感を取り戻す方法はこんな世間から降り、世間を降りた人たちで友人となることでしょうが、遺伝子を残すという根源的な問題からは容易に降りることはできません。

その結果、借金可能な男性は借金可能なだけ借金し、女性たちに富を顕示し、女性たちはオシャレや整形のためにパパ活や夜職、水商売に手を出すようになっています。

特に、恋愛・婚活市場は女性が選べ、一部の男性に集中するため、男性の方が自己肯定感は低く、借金可能な男性はかなりの高い確率で、非常に借入している様子です。

 

借金というこのモデルの原資

これらの悲惨で無益な現象は①SNSアベノミクス③恋愛・婚活市場の成立、これら3つの要素の混合によって生まれており、それらはそれぞれ絶対必要条件です。

この中で、アベノミクスは既に終焉の兆しを見せております。

これらの現象の原資は個人の遊興費であり、それらのほとんどは金融機関からの借入でした。

借入可能な男性がとてつもない借入を行なっていたからこそ、見かけ上の男性の年収や富はインフレし、女性は贅沢を許されていたのです。借入できなくなり、回収されてしまえば、ほとんどの男性は慎ましい生活を強いられ、女性に使える額はほとんど全くなくなります。

こうなれば、自己肯定感も何もへったくりはありません。ほとんど全ての人間が自己肯定感が低くなれば、相対的には自己肯定感は満足がいくものになります。皆、慎ましくなるのですから。

借金というエネルギーが投下されなければ、このモデルは成立しません。

憧れを抱くこともなければ、人をスペック化したり、ヒエラルキー化する意味もほとんどありません。

 

今後の予測

大都市圏では、離婚やカップルの破局はとてつもなく増えるでしょう。婚姻できた男性の半数以上はとんでもない借入を行なっており、借入している人たちは経済レベルを維持できないという話を超えているのがほとんどであるからです。

例えば、800万の年収で700万の借入を10年間行い、タワマンに住めば、自己破産しようがしまいが、資産を全てとられ、実質的な年収が350万以下になることが確定的になります。

しかも、当然ながらパートナーはそれを告げられておらず、多くの場合共働きです。

多くの場合、男女共に依存心、警戒心、不安感が強いので、経済的な力関係の変化はモラハラやDVの火種になります。子供がいる場合、女性側は男性側の収入が激減したとしても、養育費のためには離婚しない方がベターですから、男性側がかしづくー家事をやり、低姿勢ーならば問題は少ないでしょうが、おそらく逆の反応になるでしょう。結果、女性側は離婚した方がメリットが大きいので、離婚するでしょう。

しかし、離婚した彼女たちが再婚する充は非常に低くなります。まともに稼げる男性が少なくなっており、子持ちを選ぶことは経済的に重荷です。

結果、大量のシングルマザーを生み出し、しかも困窮する可能性が高くなります。

婚姻していなくとも、恋人が経済的に破滅する、もしくはそうなるような火種があるリスクは最優先で避けるようになるので、これまでのスペック的男性評価は全く無価値化していくでしょう。地味でケチな男性が人気になり、就職氷河期世代のように割り勘が基本になるでしょう。

 

借入がなく、経済レベルを維持できた男性たちのほとんどは、今までのような豪奢な生活を求める女性を拒絶するようになるでしょう。

経済レベルを維持できただけで、金持ちになったわけではないからですし、経済的に破滅した人のほとんどは男性でしょうから、恋愛・婚活市場が女性の搾取により成立していたという側面も明らかにされてしまうからです。

つまり、地味で安定しているからこそ生き残れた男性が恋愛・婚活市場の主人公となり、彼らはより一層悪女タイプを嫌悪し、地味で安定したタイプを求めるので、そのような女性が流行になるでしょう。

 

つまるところ、アベノミクス後の大不況は恋愛や結婚のリセットボタンを押すことになり、男女関係の価値観を逆転させることになるでしょう。

 

余談

アベノミクス後の大不況は既に始まっており、来年から本格化すると考えられます。

アベノミクス下のイカれた価値観が一掃されるのは良いですが、特に大都市圏では凄まじい不況が訪れます。

どういうことか?といえば、日本はアベノミクス以前と比べてほとんど経済成長していませんでした。景気が良く思えたのは、個人が借金して遊んでいたものだったのです。

この借金部分が消え、不動産と教育のローン以外回収され、なおかつ円安による生活必需品の高騰を含めて想像してください。

アッパーミドル、ミドルクラスのかなりの割合がロワーミドル化します。

ロワーミドルの人々も困窮化せざるを得ません。

国内経済はとんでもないシュリンクを迎えます。

しかも日本政府はアベノミクスで既に限界ギリギリの負債をしているため、ちょっとした救済策しかできない状況です。

これはほんとに大変なことで、歴史的な不況になります。

アベノミクス…安倍政権下の社会というのは、恋愛やら結婚やらも含めて、何もかも虚栄でできていたのです。

そして、その顛末は我々日本人が負うことになります。当の安倍晋三氏本人は黄泉の国にいらっしゃるのでね。

彼が天国にいるのか地獄にいるのかは知りませんが。

 

 

 

(社会・婚活)何故、男は不倫や浮気をするのか?

私は男性社会の非モテということを理論的にしかわかりません。それは男性社会を理解していないことと同じです。しかし、私は私の恋愛の経験談を男性に話すと非常に苛つかれます。

私はいわゆる経験人数は非常に少ないですし、実際に付き合った数も少ないです。それで何故苛つかせてしまうか?というと、

①女性たちと仲良くなって、信認を得られていること

②交際相手を選んでいること

というのが理由です。

私はそれが何故男性を苛つかせるのかわかりませんでした。何故なら、男女問わず目の前の相手に共感することは当たり前の話ですし、不特定多数の誰とでも付き合っていいわけではない以上交際相手を選ぶのは自然なことだからです。

しかし、母親と話してみて、ある意味私の態度が異常だとも理解しました。つまり、交際相手を選べている私は自分の価値をより理解しており、それは実際に女性たちから信認を得られる経験が多いからで、自分が本当の意味でモテると自覚していなければできない行動だったからです。

そこから、私は気付きました。男性のほとんど全ては、脈がありそうな相手にアプローチを仕掛け、実際にその女性がそこまで自分の好みでなくともよく、つまり男性のほとんど全ての恋愛対象は妥協であるということです。

つまり、状況が変わって、自分がよりモテるようになったり、現在交際している女子より美人に脈ありのサインが出れば、のこのこついていくということです。

私にこのような反応をしていた男性は決してモテない方ではありせん。むしろ非常にモテる方とされている人たちです。ホストや劇団員、広告代理店の営業マン…。

つまり、非常に少ない、ごくごく少数の、真に吸引力がある男性を除き、男性は浮気するか、浮気したいができないかの違いしかない、ということになります。

 

一般的な男性にとっての「モテ」とモテにとっての「モテ」

男性は競争社会で、女性よりもモテるモテないという圧力は強いです。女性もかなり強いと言われる方があるでしょうが、それは男性の方がはるかに強いです。

男性は一見するとモテそうな人ほど、非モテのコンプレックスを持っています。自身に努力を重ねるのは、単に美意識に留まりません。モテそうだから、特定の職業や趣味を始めるのもザラで、整形に手を伸ばす男性も増えています。

そのような男性は外観ー職業や趣味や外見やトークーを努力することによって、モテるように仕向けています。彼らの努力は不特定多数に好意ないし注文を集めることに向けられています。つまり、彼らにとってのモテとは、とどのつまりヤレるかどうかだけと言えます。

このような男性の大多数にとって、恋愛対象は性欲のためであり、気遣いなどはその取引であって、実際にその女性を愛しているからではなく、他の恋愛対象が出てきた場合、自分のリスクと照らし合わせて、浮気や不倫をするということになります。

彼らにとってのモテとは、どのような女性とヤレた、経験人数、付き合った数ということになります。極端に言えば、ヤレるなら誰でもいいのです。

 

逆に、女性から信認を得られている男性にとってのモテは下心よりも心の交流が優先されます。実際のところ、恋愛感情や友情の違いは同じ愛情という意味では大きな違いはあまりありません。結婚に至るか、身体の関係があるかどうかの違いでしょう。

女性から信認されるというのは、友人になりやすいということで、下心よりも共感性が優越しなければ成立しません。男同士、女性同士の友情でも互いに共感しようという意思がなければ成立しませんし、利害関係が優先されれば信用を得られにくいです。

このような人にとって、下心が大前提になる恋愛はナンセンスですから、経験人数や付き合った数をモテとすることはできません。また共感が前提になる以上、交際相手を傷つけたり、信用を失墜する行為を避けますから、浮気や不倫の類いは行えません。女性とヤレることを目標にしていない以上、交際相手以外の女性からサインが出たとしても、友達より先に進むメリットがモテる男性にはないので、浮気や不倫はありません。

またモテる男性は恋人を裏切れない前提がある以上、恋人候補を選ぶ必要が出てきてしまいます。妥協した相手と交際していて、他に候補が出てきた場合、大問題になるからです。恋人候補を吟味する必要から、恋人がいない期間がどうしても増えます。

彼らにとって、モテとは友人としてだけでなく女性として愛せる特別な人にモテるか?ということになります。数を問題にすれば、非常に少ないでしょう。

 

つまり、一般的な男性とモテ男性の違いは非常にシンプルに共感能力の違いになります。

 

真にモテる男性はどれほどいるのか?

一般的な男性とモテ男性の違いは共感能力の違いですが、共感する能力というのは、日本の世間や男性社会ではしっこくになる場合が多いです。

その結果、共感能力を維持できるモテ男性は日本の世間や男性社会の評価からある程度自由でいられる人が多いです。

女性は一般的な男性が多数派で、真にモテる男性が普遍的にそこそこいると考えるでしょう。同じ男として鑑みた場合、そのような男性は非常に少ないと言わざるを得ません。

私が会った中で、そのような男性は3人いました。

3人の特徴は

①ストック型の資産家の子弟

②高い知性

③非常な苦労

④見た目が良い

というものです。

一人は精神病院で会いましたが、フランスに留学経験があり、表面的でない知性があり、かなりの美男子でした。

もう一人は実家が大病院のドクターで、多浪しており、世間に対して斜に構えていて、やはり美男子です。

これらの条件はある種、自然です。

日本は世間があり、ヒエラルキー構造と排除文化が前提の社会で、表面的で形而下的なステータスが重要視されます。その社会においては、モテの価値は経験人数や付き合った数や付き合う人が大事になりますが、そのような世間的評価から自由になるためには、バックグラウンドと世間的評価に対し疑問を抱く契機、共感する能力を担保する遺伝的優位性、それを可能と自身に思わせる外見が必要になります。

つまり、ただ金持ちであるだけでなく、実際にかなり紳士かつ貴公子的でなければ、そのようにモテるとはならないのです。

 

あまり男性経験のない女性の中には、では少しくらいモテるくらいがいいのでは?と思うかもしれません。それは大きな間違いです。

例えばホストなどのモテは、人工的に不特定多数に好意を抱かれるように顔面に改造を施し、やりとりを訓練した存在で、それは特定の人を特別に愛しているということではありません。

そのようになる動機が非モテである以上、モテの動機は性欲と見栄であって、究極的には非モテなのです。当然ながら、特定の女性を愛しているわけではありませんから、浮気をしますし、不倫もしますし、モラハラやDVも適時行います。むしろ、多少のモテは他の女性とのやりとりの機会が多くなるので、不貞行為可能性と非違行為可能性が高まります。

多少モテるとなれば、浮気可能だから、浮気するタイプだと言えます。それなら、全くモテそうもないタイプの方が不貞行為可能性や非違行為可能性は低いです。

結論から言えば、本当の意味で女性にモテる男性などほとんど全く存在しません。そして、そのような男性を除けば、モテる男性ほど女性を大事にしないのです。

 

一般的な男性が浮気や不倫をするエネルギーの源泉

それは恋人や奥様からの好意です。

…は?

だから、一般的な男性が浮気や不倫ができると思えるのは、恋人や奥様からの好意です。

 

つまりこういうことです。

真にモテる男性以外は精神的に非モテで、セックスしたいだけです。しかし、非モテというコンプレックスがある以上、自分の自信となる根拠が要ります。恋人や奥様からの好意が彼らにその自信を与えているのです。

例えば、彼らに恋人がいない段階で、彼らの前にすごい美人が現れたとします。彼らは自信がないので、何もできません。しかし、恋人や奥様から好意を与えられて、自信がついていた場合、彼らはその美人にアプローチできます。もちろん失敗しても、恋人や奥様方が自信を取り戻せてくれます。

だから、彼らは浮気してもなかなか別れようとしませんし、不倫しても離婚しないのです。浮気相手や不倫相手から同じような自信を与えられる確証を得るまで、「本命」と別れることはしないのです。

でなけれは、浮気や不倫は「浮気」「不倫」という言葉になりません。浮ついた気持ちや倫理に悖るという言葉は、本道がある前提になっています。

 

これは、真にモテる男性以外、可能であれば、パートナーがどうやっても、浮気や不倫を行うということです。

パートナーがぞんざいに男性を扱えば、男性は当然離れます。しかし、好意を与えて、甘やかしても浮気や不倫を行います。まさに男性の主体的意思の下に浮気は行われ、その人自身が浮気しないと固く誓っていたり、浮気や不倫をするだけのデメリットがデカいと正しく計算していなければ、男性は可能であれば浮気をします。

 

真にモテる男性は下心を全く重視していません。でなければ女性たちと友情を育めません。彼らが重視しているのは共感で、性欲はその過程の一つの到達点です。

ですので、肉体的な浮気や不倫を行う必要がなく、またパートナーから与えられた自信を返したいという気持ちが強くなります。

また、彼らはパートナーを相当吟味し、手軽に付き合うということがないため、恋愛の過程がどうしても苦労します。これは、現在のパートナーを手放しかねないリスクを回避したい気持ちと、リスクを考えられる知性があるということです。

パートナーの方に致命的な問題がなければ、彼らから浮気や不倫をすることはありませんし、往々にして、彼らは我慢強く、手続きを大事にするため、破局する時はまさにそれが理由で破局します。

 

真のモテ男性と一般的な男性は友達になれない

一般的な男性にとって、モテとは呪いです。彼女が欲しいという欲求は非常に強く、不特定多数の評価を上げるために努力します。

彼らの趣味のほとんどは趣味が好きだからだけでなく、モテたいからです。あるファッションが好きだからその格好をしているのではなく、それがモテると思っているからです。

それらは下心が前提になっており、共感することは二の次で、仲良くするために下心を諦めることなど、考えに及びません。

基本的に脈がありそうな女性なら誰であれ付き合うのが自然で、他にもっといい女性ができたら、乗り換えるのが当然だと思っています。

 

モテ男性にとって、モテはあまり重要ではありません。特定の誰かと付き合いたいと思い、仲良くなるためのアプローチを考えます。彼らはそもそも不特定多数の評価を気にする必要がない立場です。

モテ男性にとっての趣味趣向は彼らがまさにそうしたいからです。あるファッションを着こなそうとするのは、まさにそのファッションが自分に似合っており、自己表現してるからだと思っているからです。

あくまで共感することが前提で、下心はその過程でしかありません。その過程がなく、信用できる女性なら友達として友情を育みます。

脈がありそうな女性がいても、本気で好きになれそうでもなければ、アプローチすることはありません。恋愛対象を吟味するので、恋人がいない期間は長くなります。

 

前者は後者の交際スタイルを信用できません。下心=付き合う気もないのに、女性と友人でいられることがあり得るのか?と思います。何かの欺瞞で、打算や下心があり、女性を騙しているかのように思います。

後者は前者が女性と友達になれないことが理解できません。付き合う=共感ですので、下心がなければ友情を育めばいいからです。

前者は後者の女性を吟味している姿が高望みしており、強欲であるように思えます。一方、後者は前者を女性に不実で、節操がない男性のように思えます。

 

後者は常に女性と付き合えるわけではありません。恋人がいない期間が長いので、それはそれで悩み、非モテの気持ちもわかります。男性ですから、全く下心がないわけではありません。単に我慢できるというだけです。

しかし非モテはモテの考えていることがあまり理解できません。下心が諸野の前提になっている以上、モテの考えや行動はあまりにあざとく、強欲で、非モテを馬鹿にしているようにしか思えません。

また理解できたとしても、ほとんどの非モテの男性はモテと同じ考えや行動を採用できません。あまりに知性的で、理性的で、かつ高嶺の花を狙えるだけの自信や根拠がなければ難しいからです。

 

一般的な男性にとって、憧れの対象は憧れで終わることが多く、たとえそのような女性と関係したとしても、内在的な関係に至るとは全く思えません。多くの場合、男性は女性の文化を見下し、無理解ですので、支配的に振る舞うこともあり、実際に共感することは格好だけの場合が多いです。

しかし、モテ男性の共感は表面的なものではなく、実際に容易に行われます。それは女性経験が豊富だからではなく、単に男女問わずどのような人間でも敬意を払っていて、興味があるというだけです。モテ男性からすれば、一般的な男性は嘘つきで、ミソジミストで、女性を幸せにするつもりがないように思えてしまいます。

 

両者の相互理解はほとんど不可能で、特に一般的な男性はモテ男性に対してコンプレックスしか出ません。彼らはモテるということに関して呪いがあり、モテ男性はモテるという一点でそれから逃れることができています。

一般的な男性からすれば、モテ男性は経験人数こそ少ないものの、それは恋愛対象を吟味しているからで、その気になれば非モテ男性が夢としていた背徳的な世界を実現できるようにも思えます。

しかしながら、モテ男性がモテなのは、共感能力にあり、下心を二次的なものに留めているからであって、背徳的なものを拒絶しているからです。

ですが、一般的な男性は下心が前提ですから、モテ男性が一途だとはとても信じられず、モテ男性=人間的に問題があるかのように論じることになります。

 

マッチングアプリ上の非モテ男性

モテ男性と非モテ男性の違いは共感能力です。共感能力は実際に会わなければ発揮されません。リアルな出会いはリアルに会ってから始まります。合コンでも、ナンパでも、仕事先でもなんでもそうです。

リアルな出会いでは、会って、共感能力が試され、そこからアプローチが始まります。年収などのスペックはそこから後の話になります。

マッチングアプリはマッチングしなければ、会うことはありません。

マッチングアプリにおいて重要なのは、見た目の写真とスペックです。マイナス要素がなければよく、具体的には年齢、身長、年収、喫煙の有無です。スペックはいくらでも誤魔化しが効き、メッセージのやりとりは自身の内実を隠蔽できます。

会わなければ、共感能力を試せませんから、モテ男性はマッチングアプリ上では不全感しかありません。特に彼らは女性を吟味する傾向にあり、自分の価値がわかりますから、女性が年齢や身長や年収で男性を気に入らずにスキップすれば、どうにもなりません。

つまり、マッチングアプリ上では、モテ男性と非モテ男性は一括りにスペックの問題にされ、同じ土俵に立たさせるのです。これは非モテ男性にとってとんでもない好条件と言えます。

 

また、スペックが良い非モテ男性は自分がモテるという実感を得ることができます。男性の恋愛は下心が前提です。

彼らはモテ男性が陳腐化しているマッチングアプリ上でやりたい放題できるということです。

仮にモテ男性がモテと評価されているリアルでは、女性に高嶺の貴公子とヤリモクを比較されて、下心を隠蔽する努力をより露骨に払わねばなりません。

 

マッチングアプリは恋人がいることや既婚者であることが隠蔽できるツールです。一般的な男性にとって、これほど使いやすいツールはありません。

一般的な男性は浮気や不倫が前提で、それらに歯止めをかけるのは不貞行為がバレるリスクです。マッチングアプリにはそれが全くないのです。

何度も言いますが、彼らに自信を与えているのは、彼らのパートナーの好意です。

 

マッチングアプリや婚活はアメリカから導入され、経済的利益などが一致していることが前提になります。

それはある種の契約ですが、パートナーとの力関係は常に変わります。しかも利害関係の一致が条件である以上、不実な行いはある程度看過せねばなりません。

結婚は女性により重い負担がかかります。妊娠や出産があるからです。一般的な男性は女性と下心で交際しており、妥協で結婚しています。結婚により女性の力関係が弱くなれば、一般的な男性はそれを利用して来ます。

 

女性は大人になる必要がある。

モテ男性はほとんど全く存在しないと思って差し支えありません。いまや、新興富裕層や整形のイケメンなどが当たり前に存在しているため、外見で判別不能でもあります。

 

一般的な男性は下心が前提で、浮気可能ならば浮気し、不倫可能でリスクが少なければ不倫します。

一般的な男性は妥協でパートナーを選んでおり、あなた方が思ってるより、彼らはあなたや家族に愛着がありません。

それは一般的な男性の中で、モテそうな人たちほど強いです。

あなた方が一般的な男性と交際し、結婚する可能性が高い以上、あなた方は彼らをコントロールする気構えが必要です。彼らに自信を持たせつつ、主導権を握られてはなりません。

確かに、モテ男性は存在しないことはありません。しかし、出会うこと自体が難しく、マッチングアプリや婚活で出会うのは奇跡的で、あなた方はそのような男性を見過ごす或いは勘違いする可能性が極めて高く、彼らがあなた方を選ぶ可能性も高くありません。

 

 

(社会・経済・恋愛・婚活)玉の輿への助言

玉の輿狙うのは否定しません。私も外見とか内面とか気にします。恋愛というのは基本的に一人しか選べない以上、差別的になります。私も身長でスキップされているでしょう。

しかし、それにしてもです。玉の輿つまり金持ちと結婚したい人たちですが、どうやって相手が金持ちだと判断しているのでしょうか?彼女たちの見立ては実際の経済や社会のそれを反映しているのでしょうか?

マッチングアプリや婚活サイトの年収覧ですが、どうしてそれが真正だと思えるんでしょう?年収を証明する術はありません。給与所得ならば証明できますが、不労所得は証明できません。給与所得に限っても、源泉徴収票を出している人は滅多に見ません。そもそも金持ちは資産から得る不労所得が主になります。そんなものは無意味です。資産にもいろいろあります。資産規模が大きいからといって、金持ちとは限りません。使えない資産かもしれませんし、借金漬けかもしれないし、倒産寸前かもしれませんし、役員を追い出される可能性もある。言っておきますが、金持ちで借金していない人は稀です。そして借金が膨大ならば、破産することもあり得ます。金持ちが借金してないとか先入観ありませんか?資産価値もわかりっこありませんから、それも自己申告です。

玉の輿に乗りたいなら、金持ちを見極める目が必要です。玉の輿と思って結婚したら、一緒に破産とか十分にありえる時代です。

金持ちとは何か?そもそも富の源泉は何か?安定的に地位を保全できる資産とは?法人は個人資産に入らないのか?それを説明するための記事です。

 

資本主義とは何か?

金持ちが金持ち足る所以を説明するのに、資本主義を説明するのが最も簡単です。資本主義は金持ちを金持ち足らしめるための制度であり、正当化根拠です。

資本主義とは親ガチャです。富が富を産むことを正当化し、制度化したものです。有価証券への投資、不動産への投資、設備投資…それらは全て、富が富を産むことを制度化しています。

資本主義は富が富を産むのですから、基本的に富があればあるほど金持ちになります。例えば、経済成長が2倍として、10の資産がある人は20の資産になりますが、100の資産がある人は200になります。成長前の差は90ですが、成長後は180になります。是正する外的要因がなければ、最初の親ガチャが全てを決定し続けます。

資本主義の歴史は長いですから、是正措置はあります。大きなもので税と福祉です。さまざまな税をとり、それを福祉に還元します。それらは国内需要に変わり、国内経済が発展するので、トータルとすれば、金持ちにとっても損はありません。

また、制度外での外的要因がある場合もあります。例えば戦争、災害、不況、経済活動の失敗です。

基本的には、金持ちはどんどん金持ちになりますが、実際には成金と呼ばれる人も出てきます。前者と後者の違いは、実はたった一つです。借入額の規模です。

例えば、2倍の経済成長で100の人が200になりました。しかし、10の人が90借りれば、200になります。借入分は利払いすれば良い。

もちろん、物事はこのようにシンプルではなく、実際には時流に乗る必要があります。例えばITバブルがあって、ITに投資できた人は他の人より、より少ない元手で富を積み上げることができたでしょう。

しかし、基本的に、現在の世界的な制度が資本主義である以上、歴史ある家系ほど富を蓄えやすく、新興富裕層の方は借入額が膨大にあるということです。

 

アベノミクスにおける蓄財とアベノミクス後の利益確定

Aアベノミクスにおける蓄財

アベノミクスには特徴があります。

金利がほとんどかからない

②金融機関がほとんど無審査で貸し出し

③株式市場の高騰

実体経済はほとんど成長していない

 

仕組み的には

日銀→金融機関→借入可能な法人や人(企業、資産家、定職がある人)

日銀は金融機関から国債を買います。金融機関は日銀から円を受け取ります。

金融機関は企業や個人に円を貸し付け、企業や人はその資金を元手に、投資や住宅ローンや学資ローンや事業する元手や或いは個人的楽しみのために使います。

 

金利がほとんどないので、利払いは低額です。金融機関は企業や資産家や定職ある人にはほとんど無審査で貸し出していたので、いくらでもお金を借りることができます。アベノミクスが続く限り。

株式市場が高騰したので、アベノミクス以前に、借入を元手に株式市場に投資できた人は売るタイミングを逃さなければ、富を拡大することができるでしょう。しかし、逆にアベノミクスが始まった後は株価は高止まりですから、投資してもさほど意味がありません。

しかし、実体経済は成長していません。つまりこういうことです。

先ほど述べた、富が100の人は100のままです。10の人の純粋な資産も10のままです。しかし港区のそれでわかる通り、新興富裕層は非常に金余りです。借金は膨大に溢れてます。つまり10の人は90借りて100にしているということです。

 

 

Bアベノミクス後の利益確定

好景気の裏には必ず不況がセットになります。これは市場の正常化とも言えます。

有価証券市場や不動産市場などのバーチャルな市場は実際の市場の価値を反映していません。バーチャル経済が一定以上肥大化した場合、実際の市場の価値を反映させようとする動きが起きます。これは歴史的に繰り返された現象で、その理由は現在の資本主義が信用を担保にしているということに由来します。実際の価値以上に価格があり、許容限界を超えると信用がなくなるので、揺り戻しが起こり、不況に突入するということです。

利益確定とは好景気から不況への移行期に決まります。即ち、金利上昇、株式市場から投資を引き上げ、債権の回収が起きます。資金を借りてる側は資産を整理し、経営や生活の無駄を省き、利益が安定的に出て、利払いを返済できることを金融機関に証明します。

一般的には、政府は好景気と不況をセットで折り込みますから、好景気からのソフトランディング即ち長い時間をかけての不況を画策します。最も一般的な手法は市場に公的資金を投入し、セーフティネットを設けることです。

しかしながら、日本の場合、政府に余剰資本がなく、その準備もできていません。これはアベノミクスの好景気が政府の借入が元手であること、実体経済が成長していなかったこと、コロナ禍やウクライナ戦役、欧米各国の利上げなど、突発的な事象が引き金になったことがあげられます。つまりなす術なく、急激に正常化されてしまうわけです。

新興富裕層やアッパーミドルの高所得者は自身の法人含めた資産の数倍の借入があると言われ、実際に私が経験した人たちはそういう人たちでした。

つまり、新興富裕層の玉の輿に乗ろうとしても、彼らは最高で贅沢不可能になり、最悪で破産することになります。

 

安定資産とその築き方から見る資産家階層

金融機関からの過剰な借入は、たとえ金利が低くても、リスクを負うことになります。経営する会社が傾いたり、社会的地位を失うといった場合、金融機関は介入してきます。民事再生から資産の整理、経営者交代等々、いづれにせよ、収入が大きく減退し、ローンを組めなくなります。また、金融機関が欲しい会社や物件であった場合も同様で、それは何かしらの名目があれば行えます。その名目はやはり借入です。安定的に資産運用して、財産を継承させたい場合、金融機関からの借入は極力行わないことがベターになります。

不況の場合は金融資産より実体のある資産の方が強いです。業種としてもホワイトカラーより現業の方が強いです。社会に必要なものはそれだけで価値があります。価格変動が少ないので、好景気時にはそこまで利益を出しにくいですが、不況時でもそこまで価値が下がりません。もちろん例外はありますが。

例えば、有価証券の資産は不況時には大きく減退します。これはバーチャル経済が追いついていない実体経済に揺り戻される、つまり債券の価値が大きく下落するからです。しかし、価値のある不動産物件はそこまで価値を後退させません。日本はバブル期ほどでないにせよ、不動産が担保化され、抵当化しやすいため、価格変動しがちですが、それでも有価証券ほどではありません。ただし港区はほとんど資産バブルであるため、港区の土地は暴落する可能性はあります。

法人経営も幅があります。

例えば、保険診療もちゃんと行っている医療法人は最強です。株式会社でありませんから、実質的に経営者のもので、よほどの放漫経営を行わなければ、常に安定します。逆に美容外科などは必須ではないため景気に大きく左右されます。危険なのは、投資運用、贅沢品を扱う会社です。社会に必須ではないからです。

医療法人や学校法人、宗教法人以外は株式会社か合弁会社になります。株式会社は株主のものです。合弁会社は合同している企業同士が権利を持ちます。つまり医療法人と違い、経営者の所有物ではありません。経営者交代は十分に考えれられ、その根拠は会社の業績や経営者の非違行為になります。役員費の貰いすぎや会社の金を私的流用(これは会社の経費で贅沢品を落としすぎというものです)なども含まれます。少し度が過ぎると背任になります。背任になれば、株主総会での数など意味がありません。背任になる前に辞任して刑を猶予されるか、犯罪者になって辞めさせられるか、どちらかですから。

安定資産の条件をまとめると以下になります。

①金融機関からの借入が少ない。

②金融資産より不動産がメイン。

現業の会社経営者。

④医療法人や学校法人、宗教法人を除いて、会社は実質的にも経営者の所有物ではない。

この中で最も大事なのは①金融機関からの借入が少ないです。借入が膨大であれば、②とか③とか④とか無意味化します。結局、金融機関に回収されてしまうからです。

 

さて、金融機関から借入を極力行わないとなると、投資の元手は自身の預貯金ということになります。ということは、不動産経営や会社経営の所得とは別に、定職に就くこと、無駄遣いしないこと、健全経営すること、これらが必須になります。健全経営が必須ですから、役員費も過剰にもらうことはありません。会社自体が傾けば、全く意味がありません。これらを達成するには、過剰な贅沢をせず、アッパーミドルに毛が生えた程度の生活水準になるということです。目立たないが、実は金持ちだ、ということです。

逆に、昨今の流行のように、タワマンに住み、高級外車を乗り回し、贅沢品を買い漁り、遊び回り、愛人を囲ってるとなると、とたんに怪しくなります。それらのお金は不動産経営や会社経営を健全に経営していた場合、出せるはずもないお金です。そしてそのような人は経済観念が薄いと見込めるでしょう。会社の金を私的流用している可能性が高く、会社自体も不安定である可能性が高いです。そのような人は不況が見込まれる状況では、徹底的に資産や経営を見直さなければ、破滅的になる可能性が高いです。

 

高給取りのホワイトカラーの実体

アベノミクスによる金融機関への借入はアッパーミドルにも浸透しています。アベノミクス以前と以後では個人への融資が5倍に増加しています。

彼らが婚活やマッチングアプリなどで自己申告する収入については大いに疑念があります。それは労働者の賃金が増えていないことからも予測できます。

30代から40代の高給とりの概ねの所得はこのようなものです。

大手金融機関の課長…1千万

ベテラン外科医…2千万

中堅弁護士…1千万

中堅公認会計士…1200万

プログラマー…2千万以上

コンサルタント…1500万(掛け持ち可能であるが、リスクと違法のオンパレードであり、なおかつ一時的にしか稼ぐことができない)

総合商社課長…1000万

外資系…1200万(完全ジョブ型で、極めて不安定)

金融所得についての概算は、例えば大手金融機関の投資部門に5千万預けて、手数料除いて、200万程度です。現実には預貯金が数千万ある人は稀有であり、借入の担保設定されている口座もあります。金融所得はお小遣い稼ぎにしかならない、ということです。

不動産経営は最大で一千万近く行く時も確かにあります。しかしそこまでの大貴族はなかなかいません。

副収入は最大で200万。もちろん、副収入を行う上での借入も考えられます。

補足情報として、創業者経営の経営者は自身の役員費は2000万以下に設定します。所得税を考慮してのことです。逆説的に税金を考慮せず、自身の役員費を数千万に設定している人はそれだけ会社の余剰資本を無駄に使っていますから、放漫経営を推定されます。大企業の役員は創業者経営ほどは法人と自身の利益は一致していませんから、彼らより多い役員費を得られます。概ね2500万以上です。取締役レベルになると株主総会で借入を企業が保障してくれる契約を結ぶことを許可されることもあります。日本の役員費が少ないのはこれが理由です。

創業者一族…健全経営で最大2千万、放漫経営で数千万

大企業の役員…2500万以上

 

しかし高給鳥は自己申告の収入が2000万以上の人がザラですが、基本的にほとんどあり得ない数字だということがわかり、仮に真正だとしても不健全な収入であると見込まれるわけです。

しかし、全く根拠がない数字とは言えません。何故なら、新興富裕層は借入を可処分所得であると認識しているからです。彼らの概念では金利が低いので、借入は積極的に行うものという認識です。また、それだけ借りることができるのは金融機関から信認を得られたのだから、返済能力があると見立てています。

残念ながら、アベノミクスの間、金融機関は個人への融資に対してほとんど審査していませんでした。またこれらの概念はアベノミクスが永遠に続く前提でもあります。アベノミクスが時限的であるのは経済学上明らかであるので、自身の返済能力を超えた借入はアベノミクス終了直後に自身をコントロール不能の破滅に向かわせしめます。また社会的地位を安定させるためには、専門家責任や合法的な市民生活を求められます。つまり高い倫理規範がある人ほど安定的ですが、そのような人ほど借入に対して禁欲的になる傾向が極めて強いです。

現実では、アベノミクスが終わるのはどのような形にせよ、避けることができません。利益確定のフェイズに入ったところで1年から3年で利益が確定します。新興富裕層は経済的地位を維持できません。しかしそれは急激であるため、彼らは自身の資産や借入を私的整理する時間がなく、またそもそも借入額が膨大すぎて、コントロール不能であり、私的整理が無意味化するのがほとんどでしょう。全てを売り払い、郊外の1LDKに住めばなんとか…というレベルです。

実際に、私的整理が陳腐化していて、金融機関に民事再生行わせしめた新興富裕層が急激に増えています。

新興富裕層は概ね、自身が経営する法人含めた自己資産の数倍の借入があります。彼らはそれを可処分所得と捉えており、年収として公表しています。ですので、到底あり得ないような年収を公表する輩がいるのです。

逆説的に、玉の輿を狙う場合、ある一定以上の年収がある人は怪しいということですから、上記の年収を参考にし、概ねの予測をすることができます。

 

安定資産型の富裕層と新興富裕層の婚姻における文化の違い

実は彼らを最も差別化しているのは配偶者との関係、文化です。婚姻関係はプライベートですので、それらが資産の有り様を決定づけると思われない方が一般的でしょう。しかし、財産継承において、これこそが全てを確定するのです。

富を拡大するということを第一義にする場合、婚姻相手は富裕であるか、経済的に価値があるということに重きが置かれます。これはお互いの情報、人的関係、資産を利用できることができるからです。個人的な関係は二の次であり、お互いにプライベートは自由になるのが前提で、場合によっては離婚しても大きな問題になりません。お互いに、経済的に拡大することが重要だからです。

逆に富を安定的に堅持することが第一目的である場合、婚姻の目的は財産継承と安定的な家庭環境ということになります。婚姻で最も財産を失いかねない問題は自身の非違行為による離婚であり、財産分与です。また、安定資産を作るのは自身の子弟に遺産を継承させたいからで、それは子供の教育環境を整えるということであり、家庭内の不和は避けねばなりません。安定資産型の富裕層の家庭はこれが基準で、従って配偶者は堅実であることが求められ、稼ぎ頭ー多くの場合男性ーは配偶者に主導権を委譲し、浮気や不倫の類を排除し、財産形成や仕事に集中することになります。

玉の輿を狙うにあたり、多くの場合は相手との経済力が違うと思われます。新興富裕層との婚姻の場合、彼らが配偶者の経済的価値に期待できないということは、配偶者に求めている要素というのはただ一つ、欲望の吐口です。安定資産型の富裕層との婚姻の場合、彼らが配偶者に求めているのは、たとえ自身に経済力がなかったとしても、経済主体としての共同パートナーであり、対等でありながら、責任が重くなります。

新興富裕層は何度も離婚と結婚を繰り返し、安定資産型の富裕層が配偶者選びに慎重なのはこれが理由になります。

 

安定資産型の富裕層を見つける

新興富裕層や派手な高給とりは見栄っ張りですから、インフルエンサーでなくとも、非常に目立ちます。しかしながら、彼らはもう終わりです。地位を維持できません。

しかし安定資産型の富裕層は目立ちません。彼らはアッパーミドルとして暮らし、実は他に不労所得があって、大事に貯め込んでいるのです。ということは見つけようとしても見つかるものではありません。彼らはしかも、学歴とは別に賢明で慎重です。露骨な玉の輿狙いは警戒します。新興富裕層のように性的サービスを求めているのでもありません。

ポイントは安定資産型の富裕層は表面上アッパーミドルということです。知的な専門職か自営業種です。

そもそも新興富裕層とか派手な高給とりより、彼らと同じ階層の地味な専門職の方が安定しているなら、そもそも普通のミドルクラスと婚活して、たまたま実は安定資産型富裕層だったならばなおよしとするのが最も効率がよいです。

50人に1人くらいいます。ただ、安定資産型の富裕層のボンボンは自分を金持ちだと思っていないので、いくつか聞き出すポイントがあります。

①実家が一軒家で、ローンが支払い終わっているか?

②(借金は皆嘘つくので)実家が旧高給住宅地の世田谷、新宿、渋谷、中野、杉並のいづれか?

③マンションなどの不動産収入があるか?

④開業医の親戚がいるか?

これらの条件が全て当てはまれば、高確率であたりです。

因みに彼らは高確率で、礼儀正しく、ちょっと自信なさげです。

 

生き残る富裕層

18世紀から20世紀初頭のイングランドやヨーロッパの歴史ドラマを観ていますと、富裕層は凄まじい贅沢を楽しんでいます。タイタニックをイメージすれば非常にわかりやすいでしょう。しかし、今やヨーロッパの富裕層は手堅く、地味であるという印象があるでしょう。確かに、昔ながらの豪邸があります。確かに一定の不労所得があり、一般の人よりはお金に余裕がありそうです。しかし、ある一線を踏み越えた、過度に豪奢な生活は送っていません。では、歴史上の贅沢を享受していた富裕層はどうしたのでしょうか?滅び去ったのです。

イングランドはより如実です。今の彼らは安定資産型の貴族であり、同時に高度な知的専門職です。そういう文化を持っていなければ、高度に発展した資本主義が安定的になった場合、生き残ることができなかったのです。

皮肉なことですが、安定資産型富裕層とは富を再拡大するという資本主義と矛盾しているように思われます。しかし歴史は一方向にしか進まないわけではなく、資本主義とその市場は様々なリスクが内包しており、人間の力では全てを把握し、完璧にコントロールするのは不可能です。

人として捉えた場合、リスクを度外視して、贅沢を享受し、内的信用に重きを置かないというスタイルよりも、即物的欲求よりも家庭的平穏を求める方がおそらくは多くの人にとって人間的でしょう。

生き残れる富裕層というのは、単に富裕だから生き残れるのではなく、人間として当たり前のものを求め、それ以上のことはそれほど求めないという、小市民的感覚があるだけなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

(経済・社会)来る大不況のポイント

・金融機関の債権回収
ポイント…独連銀の引き揚げ。
・利上げのタイミング
・総量規制やるか?
ポイント…総量規制では金融機関はもたないので、学資ローンやマンションのローン、事業主へのローンに手を出す
→恐慌
→一年先送りして、ストック型資産家以外みんな破滅
・専門職以外事実上の非正規化

 

独連銀の引き揚げ

独連銀が引き揚げた場合、日本の金融機関が債権回収を早める可能性があります。

現段階でも相当な進捗を見せており、可能性は相当数あり得ます。

 

利上げのタイミング

日銀総裁に黒田氏が継続していますが、これは後任がいないためです。誰も責任をとりたくありません。

自民党細田派や新興富裕層や大企業のサラリーマンは利上げを拒絶しています。利上げされれば、彼らの持つ借入が彼らにかなりのダメージを与えるからです。

岸田政権は細田派や新興富裕層に気を使う必要があるため、利上げになかなか踏み切れません。しかし、利上げしなければ、国内経済が破滅的になります。

その状況下で、リフレ政策を継続することは、国債を大量に抱える金融機関が許すとは思えません。金融機関が国債に手をつければ、国債の利率が上昇し、国家財政に致命的ダメージを与えます。

 

・総量規制

新興富裕層は総量規制を求めるでしょう。しかし、金融機関への借入のほとんどは新興富裕層です。金融機関は彼らの借入を猶予する代わりに、アッパーミドル以下の、住宅ローンや学資ローン、事業へのローンに手を入れるざるを得ません。

物価高と相まって、国内経済は恐慌的になり、やはり新興富裕層も破滅します。単に新興富裕層の名脈を一年先送りしただけで、その代償に国内経済を恐慌にするというものになるでしょう。

総量規制を行わないことが合理的ですが、宏池会自民党政権は新興富裕層や細田派、麻生派を無視することは難しいです。大不況は避けられないため、自民党が大きく議席を減らすのは間違いなく、その状態で新興富裕層や麻生派を無視できません。

予断を許してくれません。

 

・ジョブ型

専門職をジョブ型雇用にすることは成立していますが、それは事実の追認でした。結局、契約下で仕事が執り行われるからです。

しかし、企業は利益を回収できないため、ジョブ型雇用の導入を急ピッチで進めるでしょう。具体的には、幹部候補や他に変えられない人材以外、ジョブ型雇用に移行するでしょう。それは事実上の非正規化であり、アメリカ型雇用の完成とも言えます。

しかし、これにより、新卒者は職を手に入れることができ、就職氷河期より遥かに酷い状況から、仕事はかろうじてある状況にまで救われることになります。

(社会)二つの日本人

日本人は大まかに二つのタイプに分類できます。

保守タイプと新興タイプ、と便宜上名づけました。

保守タイプが基本的な日本人の文化スタイルです。日本という世間を信じ、一億総中流という理想があり、世間内においてはフラタニティを信じています。

新興タイプは後発で、高度成長期から都市化されるにつれて情勢されてきました。都市化されているスーツ族のメタファーで、カースト的価値観を持ち、排他的です。

おそらく、この両者を具体的に可視化したのは私が初めてになります。

両者にとって、人間の条件が違うため、折り合うことができません。

 

A 保守タイプの特徴

ストックタイプの資産家、自営業種。

ストック型の資産に特徴があります。従って、富を大きく増やそうとかをあまり考えていません。安定を重視しています。

 

人を判断する材料は態度です。学歴や年収、経歴や職種などより内実を重視しています。安定を重視するということは、危険負担をしたくないということですから、どれだけすごいと言われているかより、勤勉で真面目で誠実であるかの方が重要だからです。

 

日本全体を世間として捉えているため、ある種の平等志向があり、ある意味でのフラタニティ感覚があります。従って、マウンティングに対しては非常に強い嫌悪感を持ち、誰に対しても鷹揚に接しようとします。

しかしながら、差別的な感覚があるため、人によってはそれが強く出てしまいます。とはいえ、その差別感覚も人間性に訴えかけられるとたちまち萎みます。それは彼らがヒューマンだからではなく、日本を世間という枠組みで捉えているため、差別対象も世間側だと認識しているからです。

 

好きな文化も直情的なものや保守的なものになりやすいです。あまりにクリエイティブなものに対しては興味を惹かれない傾向にあります。例えば、ポップよりロック、恋愛ドラマよりもお笑い、漫画もシンプルでわかりやすいものを選ぶ傾向にあります。

ヤンキー文化に似ていますが、必ずしも対抗文化ではなく、反知性でもありません。というより、新興タイプができる前のタイプ全てを包含して分類しています。

例えば、日本で最も知性的かつ教養ある人たちはこのタイプです。本質的な議論や社会正義に対して意欲的だからです。ストックタイプの資産家階層は労働を求められるため、多くは専門職になります。

安定が大事なため、投資するにしても安定資産であり、借入や無駄な贅沢を嫌います。もちろん贅沢しない訳ではなく、贅沢は階層性によりますが、それでも無駄ははっきり切り詰めるため、ケチと言えます。

これらのタイプは財産継承を重視しているため、家庭の問題を乗り越えるためのコツが伝統的に継承されています。即ち、男性は女性に完全に尻に敷かれるというもので、不倫や浮気は厳禁だということです。何世代にも渡り、女性に支配される家庭が幸福だと子供心にインプットされています。ストック資産家や自営業種は家庭の安定が経済的利益に直結するためです。

これらの文化を継承している場合、共働きになった場合、男性はやはり家庭に協力的なります。

この理由は、保守タイプにとって婚姻や家庭を持つことは快楽や見栄のためではなく、態度も重視されるからです。

 

保守タイプにとって、見栄より態度が重視され、偉いというようなことは二の次になります。

人間としての価値は経済力や経歴、職分より人生に対する態度だと認識しています。

 

B 新興タイプ

高度成長期から都市化された人々です。保守タイプのアンチテーゼでもあります。

新興富裕層、専門職、大企業の給与所得者などです。つまりスーツ族です。

10年以上前までは、スーツ族は男女平等ではありませんでした。スーツ族は婚姻するにあたり保守タイプと妥協する必要がありました。しかしながら、男女平等が進んだ結果、スーツ族はスーツ族と婚姻することが増えたので、保守タイプに妥協する必要がなくなり、新興タイプとして遠慮する必要がなくなっています。

 

彼らにとっての世間とは新興タイプの人々です。そして自らをエリートと自認し、近代的な価値観を持っていると認識しています。つまり保守タイプを近代的でないと評価しています。

しかしながら、彼らの価値観や文化規範を近代的とするならかたわになります。ヒューマニズムや法の支配などの概念が欠落しているためです。

新興タイプは表現上のステータスやスペックが重視されます。そのため、見栄に力を割き、カースト制に似たヒエラルキー構造が存在します。また、排他的で、非寛容性があります。

自己利益が他者と直結しないため、自己利益に邁進します。しかしながら、彼らの世間内の評価や見栄に関わることなので、それらを表に出しません。即ち、差別的かて排他的、非寛容で、自己中心的ですが、表現上は極めて良い人に振る舞おうとします。ですが、自己利益と関係がない人には徹底的に冷淡に振る舞います。二面性に強い特徴があります。

新興タイプが好みとする文化はクリエイティブなものです。情緒的なものや感情的なものより、前衛的なものや流行が大事になります。

財産継承可能性が低く、自己利益と他者の利益に互換性があまりなく、それでいて偽りを述べるため、家庭では常に問題が起きる可能性があります。新興タイプにとって、結婚や家庭を持つことは、見栄や快楽のためです。また、新興タイプで結婚することは意味がありませんから、そもそも愚かでもあります。

 

保守タイプと新興タイプの相剋

両者は経済的利益、価値観、規範に至るまで、相容れません。それは投票コードにすら表面化します。

 

1.アベノミクス

新興タイプは金融経済に重きを置きます。彼らの資産は金融資産であることがほとんどだからです。一方、保守タイプの資産は法人経営や事業所経営、不動産経営です。実体経済が弱り、消費の需要が弱くなることは問題になります。

アベノミクスは完全に利害が対立します。アベノミクスは金融に金を投入しました。しかし、実体経済への投資をほとんど行いませんでした。

結果、新興タイプは確かに金余りになり、贅沢品の需要は伸びましたが、国内全体として需要は低迷しています。これでは保守タイプは利益を生み出せません。

 

2.価値観

保守タイプは規範意識があるため、近代的でない部分がありますが、人間的な側面があり、社会福祉に理解があります。

一方、新興タイプは近代的と自認していますが、人間的とは言えず、法秩序を軽んじること甚だしく、自己利益に関係する社会福祉にしか興味がありません。

保守タイプからすれば、新興タイプのそれはあまりに規範意識から外れており、社会ないし世間をガタガタにしているとしか思えません。

 

3.政治的行動

自民党は本来的には保守タイプが主要な支持層でした。しかし、保守タイプは少なくとも地方政治においては自民党を支持するのが難しくなっており、それは大都市圏にこそ顕著です。

保守タイプは自民党ならば、宏池会を支持しています。野党ならば、社会民主党または共産党です。

新興タイプは自民党ならば旧細田派か麻生派、野党ならば立民の一部、維新の会、令和新選組です。

つまるところ、新興タイプは近代的価値観というより新自由主義の権化であり、保守タイプはそれに真っ向から反対しているのです。

 

 

 

 

(社会)何故、恋愛が上手く行かないのか?

マッチングアプリと婚活サービスによる市場化

恋愛は市場化されました。マッチングアプリと婚活サービスによるものです。マッチングアプリアメリカ発祥であり、アメリカは資本主義と市場経済が社会を覆い、アメリカ人は自らを商品化するのが諸野の前提になっています。

恋愛市場において人間性は問われません。人はあらゆるステータスに分解され、価値化、商品化されます。性格や価値観つまり人間性においても商品化されます。

日本では人を価値化する文化や市場にありませんでした。新卒を一括で採用するような国で、人の市場価値にそれほど重きを置いていません。結果、できたばかりの恋愛市場においても、人に対する価値基準は主観的であり、曖昧で、恣意的で、誤謬が多くなります。

 

恋愛市場における交際が、打算が前提である以上、互いに信用がない前提で交際がスタートします。

あくまで、打算として交際する手段であり、資本主義と市場経済が全て覆うアメリカでは、実際にそのように機能しています。

しかし、日本人はそこに感情を求めています。お互いに信用や信頼がマイナスからスタートし、付き合いも非常に浅いのですから、お互いに打算として割り切らない限り、より良い人間関係が作れるはずがありません。日本人は精神的に幼い傾向があり、人の商品化というものに対して、あまりにナイーブです。

 

恋愛の市場化における、交際の過程

昨今の恋愛は以下のようなアプローチから始まります。

候補者のステータスや外見などのスペックを値踏みし、何人かと同時並行的にやりとりします。

ステータスや外見には嘘が含まれているため、注意深くチェックします。

 

・既婚者または恋人がいる可能性。

・年収に偽りないか?(しかし、日本人のほとんど全ては資本主義を理解していないため、資産の方が重要だと気付いていません)

・借金の有無(愚かしいですが、今どきどのような形にせよ、借金漬けなのが普通ですし、それを見ず知らずの人に言うはずがありません。そういったことを理解なされていない人がかなりいます)

 

この他にも、さまざまな条件による除外があります。年齢や身長、喫煙状態、挫折経験の有無。

 

アプローチは、鷹揚で、かっこつけとかわいさを強調したあざとさが重視されたアピールから始まります。

お互いに気がないのは明白です。何故なら、会ったことがない、数回した会ったことがないにも関わらず、セックスアピールをしているからです。

 

これらは経済力とセックスアピールを計りかけて、取引の交渉を行なうものです。である以上、力関係のバランスを探り、主導権の所在を明らかにする過程が必ず生まれてしまいます。これがモラハラの要因です。

マッチングアプリや婚活サービスによる恋愛や結婚はビジネスと同種であり、パパ活やママ活と大差あるものではありません。むしろ夜職と比べて、マッチングアプリや婚活サービスは経済力の違いが明白でない分、主導権や支配関係の確認の過程がより複雑になります。

日本人は資本主義や市場経済をあまり理解しておらず、精神的に幼いため、そこに個人の主観を組み入れてしまいます。そのため、経済力や能力を正確に評価できず、力関係や向き不向きについて、パートナーと相互理解に達することが非常に難しくなります。また日本人は議論の文化がないため、相互理解のためのツールもありません。

結果、物理的行使という形で、モラハラ被害やDVに繋がります。

日本には客観的な基準もなければ、他者の致し方ない状況を慮らねばならないヒューマニティーの文化もありません。

 

恋愛市場における恋愛はビジネスの要素が強いです。また純粋な恋愛とした場合、あまりに信用がありません。

また日本においては、主導権の取り合いが主観的で恣意的なものになりますから、力関係をある程度明白にする必要も出てきます。

そのため、恋愛のテクニックは必要悪になってしまいます。

 

恋愛市場の失敗

日本の婚姻率が低下し、離婚率が上昇しているのは、マッチングアプリや婚活サービスの導入によって必然的でした。

人を商品化して評価する文化に馴染みがない日本で、恋愛市場が導入されれば、男性不信、女性不信に陥るのは宿命的でしょう。

どちらも浮気や不倫前提で、経済力の保証はなく、男性は女性のわがままで際限ない要求に応える必要があり、女性は男性が利益を回収するモラハラやDVや束縛の過程をリスクとします。

どちらもそうなった原因がわかりませんから、リスク回避として、アプローチ段階でより強い条件で絞り、全く欠点がない人を選ぼうとします。

全く欠点がない人など存在しませんし、そもそもそこに問題の原因はありませんから、誰を選ぼうが、ある一定の水準に達している候補ならば、似たような問題に当たります。

 

この恋愛市場のモデルを利用し続けるならば、日本人はアメリカ人のように、自身を商品化し、適正な価値を評価する目が必要になります。

 

具体的には

①日本の階層構造の理解

②経済力の源泉を理解

③階層や業種による、価値観や文化の違いを理解

④議論可能なための個人主義

⑤自身を商品化するための、甘えからの脱皮

 

これらが達成するのは不可能でしょう。世間的な人であるのが日本人のアイデンティティだからです。

 

マッチングアプリや婚活サービスを利用するな

日本の婚姻率の低下や離婚率の上昇に歯止めを効かせたいならば、幸せになりたい日本人が恋愛市場に参入しないようにしなければなりません。

マッチングアプリや婚活サービスは一見便利ですが、恋愛市場はパンドラの箱であり、ほとんどの日本人は恋愛市場に参入する資格を持ち合わせていません。