merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

こまちをこまち

まちうどへ

春を呼ばんと

こまちふじ

 

二月。バレンタインデーの2週間前。

「魂以外のものを本懐のために捧げる覚悟があるから、せめて小さな幸せをくれ」と祈った。

そして、あの人に出会った。

彼女は僕が唯一行くことができたライブに彼女は行けなかった。

彼女はFoll out boysの大ファンで、僕をカラオケに誘い、My chemical romanceのHelenaとI'm not OKを歌ってくれるように頼んだ。

いずれも別れの曲だった。

僕は一目惚れだったし、彼女には不思議な縁を感じていた。

しかし、彼女はバレンタインデー直前の土曜日の夜から返信がなくなり、一週間後の日曜日に消えてしまった。

僕の連絡先は教えておいたけれど、あれから音沙汰がない。

もし、本当に運命というものが存在するなら、このまま終わりということはないだろう。

そう願っている。

彼女がどこかで、僕の歌を聴いてくれるように願って、カラオケで録音した歌を載せる。

I'm not OKは録音できなかったから、代わりにThe ghost of youを歌った。

僕は生半可な人生は生きていないし、何事にも生半可な態度で臨まない。何事にも全力で、真摯に当たる。それは人に恋したり、愛することもそうだし、カラオケでもそうだ。

エコーをかけて、自己満な生き方を選ぶような人間の評価など気にはしない。

全力で事に当たるからこそ、他人の辛さや努力や苦労が理解できる。

だから、彼女が何か大変なことがあって、僕と連絡をとれなくなったとしても、僕は彼女を責めることはない。

 

I don't care (Foll out boys)

https://www.clubdam.com/app/damtomo/SP/karaokePost/StreamingKrk.do?karaokeContributeId=26949679


Helena (My chemical romance)

https://www.clubdam.com/app/damtomo/SP/karaokePost/StreamingKrk.do?karaokeContributeId=26949280


The ghost of you (My chemical romance)

https://www.clubdam.com/app/damtomo/SP/karaokePost/StreamingKrk.do?karaokeContributeId=26949237