merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

ツイフェミと弱者男性

「僕は恵まれているため、弱者男性に全く同情するな、とはできません」

「金持ちミソジミスト、開業医ミソジミスト、バンギャル連れたバンドマンに配慮は要りませんが、障害者、貧困層、女性、弱者男性には配慮が要ります」

私はTwitter上のフェミニストにこれを言った。まともな人なら当たり前過ぎて、もうこの記事を読むのをやめてしまうだろう。

ところがTwitter上のフェミニストの反応は「ミソジミスト」「金持ち嫌いの隠れインセル」である。そのあとさまざまな嫌がらせを受けた。意味が不明である。尚、不法行為を行ったアカウントは全てスクショをとった。ネット規制法を待って、総務省に通達する予定である。勝手に社会的に破滅すればいい。

さて、社会民主党支持である、リベラル、フェミニストである私としては、差別主義的なTwitterフェミニストをどう理解したらいいものか戸惑った。

嫌がらせを行ったアカウントの中には、わざわざ宇佐美典也氏のツイートを証拠に上げて来た者もいる。どうやら私と主張が似ているから、インセルと言いたいらしい。

宇佐美氏の主張はこうである。

 

引用

何が言いたいかというと

「弱い存在は男女限らず弱く、その背景には構造的問題があるんだから、男女で線引きせずにきちっと社会として対策をとっていこう」
という当たり前のことなんだけどね。

引用終わり

 

当たり前のことである。

ただこれだと当たり前過ぎるので、教養ある人の前提知識を加えよう。

 

弱者男性とツイフェミが対立すると、フェミニストは弱者男性と接合しにくい。

リベラル勢力はフェミニストの力が強いので、フェミニストが強くなれなければ、リベラルも強くなれない。

体制側は弱者男性の声を利用できるし、リベラルも強くなれないので、人権抑圧政策や格差拡大政策、反男女同権政策を行いやすくなる、ということである。

 

で、宇佐美氏のツイートを読み直してもらえれば、そのまんまである。正しいとしか言いようがない。

だが宇佐美氏は保守的或いは右翼的なので、これには裏がある。どういう裏があるかというと、ツイフェミの前でマジックの種明かしして、誰も分からないから、爆笑している、という裏である。

ツイフェミは全然フェミニズム分かってないのである。

 

では、ツイフェミは何に駆られて似非フェミニスト運動を行っているのだろうか?

①憎悪の共有

ツイフェミを一週間観察したが、彼女たちで階層性が高い人は見当たらなかった。階層性が高い女性は明らかに敬遠しており、ツイフェミの祭りには誰もが加わろうとしていない。確かに著名人はコミットしているがツイフェミとコミュニケーションをとろうとしていなかった。

彼女たちは未婚或いは離婚或いは結婚状態に不満であり、経済的にゆとりがない。40代が大半だ。

しかも異常に捻くれており、親切心を素直に受け取ることができない。彼女たちにとって、階層性が違ったり、男性だったりする時点で彼女たちの想定するフェミニストではなく、憎悪の対象なのだ。

 

②中間団体化

彼女たちは男性嫌悪を彼女たちの内部で共有化している。それはトランス男性やトランス女性、LGBTに及び、保守派をして、彼女たちの主張を保守的とまで言わしめている。

彼女たちの主張と整合しない者は私のように違法に排除される。これは彼女たちが近代的ではなく、従ってフェミニストではないことを示唆している。まともじゃない。

 

③弱者男性に対する冷徹な態度

確かに階層性の低い女性は明らかに困っている。だが、彼女たちと同じロワーミドルの弱者男性に対して、手を差し伸べなくていい、男性同士でどうにかしろ、というのはいかがなことか。確かに彼らは甘えているし、無自覚にミソジミーであるが、彼女たちと同じく経済的に喘いでおり、大変な労苦を背負っている。

おそらく金持ちミソジミストは彼女たちの中では概念上の存在だが、ロワーミドル以下の弱者男性はより身近な直接の嫌悪する対象なのだ。

 

さて、ここまで来て、勘の良い読書ならお気付きだと思う。弱者男性を裏返しただけである!

唯一の違いは弱者男性と違い、自己利益は多少分かっているくらいである。とは言っても、彼女たちの行動はリベラルやフェミニストの足を引っ張ることでしかないわけだが。

これでは、弱者男性とツイフェミが協力できるわけがない。ツイフェミにとって、弱者男性は元恋人であり、仕方なしに結婚した夫であり、元夫であり、自分を拒絶した男性である。弱者男性にとっては、元恋人であり、仕方なしに結婚した妻であり、元妻であり、自分を拒絶した女性である。

両者とも、お互いに対して、強力なルサンチマンを持っている。最悪の関係と言っていい。

裏返しということは、弱者男性が経済力を除いた売れ残る理由である、決定的に共感できないということもツイフェミは共通しているだろうし、おそらくツイフェミがミッドミドル以上と婚姻できなかった理由がそこにある。

 

そもそもである。弱者男性はネトウヨが多いが、ネトウヨには現実の契機がなかった。ツイフェミも同じである。弱者男性と同じく、ツイフェミとは弱者女性の傷の舐め合いをする場だ。現実の契機や社会運動など本気に考えているような感じではない。

実際、リアルに社民党共産党を支持している女性はツイフェミと関わろうとしない。

ツイフェミも弱者男性も、左派勢力を弱める装置だ。ツイフェミはその非近代的、不適正手続きによって、リベラルやフェミニストを貶め、体制側は弱者男性の声を吸い上げ、人権抑圧政策や格差拡大政策、反男女同権運に利用する。

まさにどうしようもない組み合わせだ。これでは彼らがネット規制法成立後にネット上から消えるのを待つしかない。

個人的には、まったく、いい連れ合いだよ、と言いたくなる。似た者同士、仲が良いことで。