merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

本当にモテない男子が理解していないこと

日本の女性は人生において、さまざまなリスクに晒されていますが、そのほとんどは男性との関係によるもので、性交渉から結婚まで、危険の連続と言えます。
また日本社会はミソジミーを肯定し、女性の社会進出は遅れ、一度専業主婦になった女性は経済的に自立するのが非常に困難で、経済格差の拡大から、パートナーとなった男性次第では、一生隷属的立場を強いられます。
となれば、女子がパートナーに選ぶのは、自分を隷属下に置かない男性か、隷属下に置いても愛してくれる男性か、隷属下に置かれてもお釣りがくる資産家か、ということになります。
仮にこれらの条件に当てはまらない男性がいない場合、女性からすればイケメンと恋愛しても、結婚しない方がマシでしょう。
つまり、真剣交際というマーケットにおいて、男性が女性のニーズに応えられるだけの価値がなければ、売れ残るということです。
これは仕方ありません。ミソジミーの日本社会と表裏一体だからです。
とはいえ、確かに曲者の男性が女性を弄ぶのに、女性を尊重しているかのような態度を利用しています。ですが、女性からすれば、真の意味で自分を尊重できる男性が極めて少ない、皆無に近い以上、フリをしてくれるだけでもマシでしょう。
ほとんどの男性はフリすらできないのですから。

結論としては、このような状況で、恋愛において女性の主導権を認められない人は、資産家でなければ結婚は難しいでしょうし、当然ながら売れ残る男性が出てくるのは仕方ありません。

仮に日本がフランスのような、完全に男女同権で、子育てに経済的負担がなく、社会保障がちゃんとある国ならば、自由恋愛を謳歌できるので、女性に主導権がある恋愛というのは廃れますから、逆説的に不器用なミソジミーの男性でもチャンスはあるでしょう。