merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

従軍慰安婦への心ない発言に物申す

私の価値判断の尺度は一つしかない。それは人間的であるか?ヒューマンであるか?ただそれだけだ。

確かに、私は他者に訴えかけるレトリックとして、自己利益に訴えかけたり、国益を説明したり、挑発してみせたりするが、私自身の価値観は一つしかない。ヒューマニズムだ。

日本の世論、世間、社会はほとんど嫌韓一色だ。今更日本人に利を説いても意味がないだろう。だから、この問題について、人の道理や礼節、優しさというものを説こうと思う。

 

従軍慰安婦が売春を強制されたとか強制されていないとか、性奴隷であったとか売春婦であったとか、朴政権の日韓協定が文政権に有効であったかなかったとか、そんな話は実際にはどーでもいい話だ。真に重要な真実は一つしかない。彼女たちが搾取されていたということだ。その一点のみで、彼女たちは大日本帝国の犠牲者だということに変わりがない。

 

もし私のような資産家ならば、その原資は彼女たちのような無数の搾取対象から奪った資本を大日本帝国が我々に分配して、我々の原資になったものだ。だから我々は彼女たちのような存在に一定の贖罪の念を持つべきだし、ましてや尊厳を傷つけるかのような発言は慎むべきだ。

君らは自分だけ良ければいいのだろうし、自分より弱い立場をからかって自己確認しているのだろうが、それでも君らの現在の社会的経済的立場のほとんど全ては君らの努力に依るものではないということに変わりがない。私はそれを十分に自覚しているからこそ、君らよりも自信がもてるし、自信があるからこそ謙虚になれるし、謙虚になれるからこそ人間的なれるし、故に他者を信用したり、他者から信頼を得られ、他人に優しくなれる。

彼女たちは我々から謝罪を受ける資格があるし、我々はそれに応える道義的責任がある。日本政府がどのような立場を採用していようが、我々個人はそのような態度でこの問題に当たるべきだし、それが人間というものだ。

それすらできないようなら、君らに人間的成長はない。一生、精神的未熟児として過ごせばいい。愛のない人生を送ればいい。金があっても不幸に生きればいい。自分のことしか考えられない奴がどうして幸福を追求できようか。

 

今まさに、貧乏であったり、社会に参画しにくい状況であったり、ルサンチマンを抱えているならば、体制から搾取され、好きなように利用されているという点で、君らは彼女たち従軍慰安婦と何ら変わることがない。

君らの大多数は彼女たちに八つ当たりして、自分たちへの社会や世間の不当な態度のストレスを晴らしているのだろう。だが、それは君たちを君たちが攻撃しているのと何ら変わることはない。

君らはネット上で君らを攻撃しあっている。それで余計に不満を溜め込み、今にも爆発しそうではないのか?はっきり言って無意味だ。

君らが本心では、同情や優しさを求めていることを私が気付いていないとでも思ったのか?君らが今まさに攻撃している君らは、君らと同様に、君らに同情や優しさを求め、相対的多数派に不当に扱われていることの悲哀を共有して欲しいと思ってる。君らは君らを攻撃する前に少なくとも一旦は同調すべきだ。

それは件の従軍慰安婦も同じだ。彼女たちは大日本帝国に不当に搾取され、社会や世間からはみ出し者にされ、挙句に嘘つき呼ばわりやら自己責任扱いまでされている。彼女たちが金目的で声をあげていると思うのか?彼女たちは齢八十を越えている。あの世じゃ、この世の通貨は使えないだろう。彼女たちが求めているのは我々の反省の弁とその証明だ。

君らだとて、日本の社会や世間や相対的多数派に求めているのは、まさにそれだろう?だったら、わざわざ彼女たちの尊厳を傷付けるような真似はするな。

彼女たちと君らは政治的立場は違えど、社会的には似たような立場だし、彼女たちは君らの将来を映し出す鏡だ。彼女たちが君らに攻撃され続ければ、必ず近い将来、君らは未来の君らに攻撃され続けるだろう。君らはそんなこと望んでないだろう?君らの存在意義を知らしめたいんだろ?だったら、君らがして欲しいことを彼女たちに行えよ。そうすれば、未来の君らが君らにして欲しいことをやってくれる。それが人間てもんだろう。

 

従軍慰安婦はこんなことは全く思ってないだろうが、この問題は我々日本人には「心」を取り戻すチャンスの一つだ。我々日本人はそのような機会をことごとく逃しているが、せめてこれを読んで、同調できる人は自身の人間性というものを顧みて欲しい。

最近、愛を誰かに与えたのか?誰かに与えられたのか?そもそも愛とは何かを思い出せないのか?と。