merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

あるひとの詩

彼と付き合ってから数年、すれ違いが多くなった。

お互いに思うことが変わっていった。

彼はあたしを「間違っている」と言った。

あたしに干渉するようになった。

それは彼なりの優しさだというのは分かる。

だけど、あたしには、それは束縛にしか感じられなかった。

あたしは反発し、彼は怒り、いつしか傷つけあうばかりになった。

あたしは「別れよう」と言い、彼は「俺は君に義務がある」と答える。

決着がつかないまま、日々が過ぎて、あたしには新たな出会いがあった。

彼はそれを裏切りと捉えた。

そうかもしれない、ちゃんと別れてなかったんだから。

彼に出会った人との縁を切られても抵抗できなかった。

いつからすれ違うようになったんだろう?

いつからお互いを愛せなくなったんだろう?

別れようとしても、それが気になって、強く言い出せなかった。

「お互いに大人になったんだ」

「彼は状況に順応し、あなたは自分の人生に真剣になった」

「それは悪いことじゃない」

あたしは傷つけ合うのが悪いことにしか思えなかった。

「お互いに傷を負って、悲しむのは、出会った時から成長したんだ」

「成長し会えたてことは、良い関係だったてことだよ」

「真剣な恋愛の別れに、悲しみが伴わないことはない。どうやっても、どういう経緯でも、涙が流れる結果になる。それは良いことだと思う」

あたしは彼を忘れられるかな?彼はあたしを忘れられるかな?

そんな日は永遠に来ない。

互いに過ごした日々はあたしの今と未来の一部になるのだから。

 

ドライフラワー歌いました。ヘッドホンまたはイヤホン必須です。スマホのスピーカーじゃ、僕の声質拾えないんで。

https://www.clubdam.com/app/damtomo/SP/karaokePost/StreamingKrk.do?karaokeContributeId=26613705