merlinrivermouth’s diary

酒にむかいて当に歌うべし。人生、幾ばくぞ。喩うるなら朝露の如く。去りし日ははなはだ多し。

ファイザーのワクチンが怪しいということに理科系の知識はいらない

①一層試験で100人中2人が重大なアレルギー反応

②二層試験で囚人を使ったが、結果は未公表

③三層試験は行なっていない。或いはアメリカやヨーロッパや我々が三層試験の実験台

④ワクチンによる健康被害による法的、経済的責任は全て政府持ちという契約

ケンブリッジ大学と大手製薬会社はワクチンの一層試験の段階で重大かつ不可逆的な健康被害が起きたため、研究開発を実質放棄

⑥だいたいマイナス70℃の冷凍保存という時点で、基剤が相当怪しい。因みにマイナス70℃を保てない場合、コロナウィルスでなく基剤が悪さをして重大な健康被害を招く。

⑦そもそもマイナス70℃の冷凍保存できる施設などそうそうにない。

⑧そもそもそのワクチンが変異種に効くのか?

⑨コロナワクチンの研究開発が絶望的とマーケットに判断されて、焦ったファイザーの経営陣がとりあえず形だけできていたワクチンを「開発しました(発売する気はありません)」と言い、血迷ったバイデンやジョンソンや菅義偉が買うと言って、全責任を政府が持つという売買契約を結んだので、「俺ら知らないよ。株価が最高潮の時に株売り抜けて、あとで社会的問題にされたら、会社を分割して売っちまえばいい」などと経営陣が判断したように見えてしまう。

 

結論。ネットの広告に出る詐欺商品並みに匂う。毛穴落ちるミストが単に水酸化カルシウムで、肌溶かしてるだけ並みに怪しい。